女性用媚薬は本当に効果あるの?

女性用媚薬は本当に効果あるの?

女性用媚薬は、それを服用したり塗布したりすることで女性の性的な興奮を得ることができ、それによって性行為などを潤滑できる点で用いられる薬です。

女性は男性と違って体の構造が複雑になるため、発情しにくい体質であるため、その発情を後押しする存在として女性用媚薬は優れています。

一般的には媚薬と聞くと男性向けの精力をアップさせる精力剤などが注目されますが、女性も不感症など性行為に対して乗る気がない方も多いため、女性向けの媚薬を必要とする場合もあります。

女性も性欲が強い方も居たりすることもありますが、比較的に受け入れがちの女性は性欲が男性ほど強く感じられないケースも存在します。

性行為は男性と女性との共同で行う行為となりますので、お互いが本能の欲を持つことがポイントとなります。

女性用媚薬の効果については、性欲低下した女性がそれを改善して感じやすい状態になったり、性機能の免疫力をアップさせる効果が期待できます。

また通常の状態では、みだらな状態になることはなくても、それを服用し続けると徐々に体温の上昇と共に血流が良くなり、気分を良くすることが可能です。

実際の効果としては、心臓がどきどきする・気分が高揚する・陰部が熱くなって濡れやすい状態になる・体温が上昇するといった目に見える形で現れるため、本当に効果が存在する媚薬も存在します。

ただ女性用媚薬が、そのまま女性に必ず効果をもたらすかについては個人差が見られる領域となり、あまり効かない場合や直ぐに効く場合、徐々に効く場合と人それぞれです。

媚薬を構成する成分は、健康にも有益である漢方薬でも使用される成分が多く、男性の精力アップに期待できる成分がそのまま女性にも当てはまるケースがあります。

例えばマカ・トンカットアリ・ガラナ・ムイラプアマが配合され、他にも馬プラセンタ・イソフラボンといった成分を配合されることも多いです。

女性用媚薬では、錠剤やカプセルを経口による摂取を行うことで体内に取り入れ、その栄養成分を体内に浸透させて性欲アップを果たす方法が原則です。

しかし実際に女性の膣内に塗るタイプの媚薬も存在し、それを塗ることで刺激から快感をもたらし、濡れやすくなったり、興奮作用が起こったりする塗布タイプも見られます。

どちらが優れているかについては、ケースバイケースとなるため、一概に言うことはできませんが、日頃から性欲アップができることが必須なため、健康な体作りを推進する上でも経口摂取がおすすめです。